【宅配業者の告白】ゴミ屋敷は実在するの?現役ドライバーが紹介する、あなたの近所の隠れゴミ屋敷!

2020年9月29日宅配,宅配業者の○○

ゴミ屋敷は実在するの?

荷物の受け渡しは「玄関先」です。

我々がお客様の家の中までお邪魔することなんてほとんどありません。

だからお客様との接点と言えば、この「玄関先」での数秒間だけなのです。

ただ長い間この仕事を続けていると、そのたった数秒間で「ヤバい家」がなんとなくわかってしまうものです。

別に部屋の中を覗くつもりなんてサラサラありませんが、ニオイや雰囲気からなんとなく感づいてしまうのです。

今回はそんな過去の経験の中から、特に印象に残っている「ゴミ屋敷の住人」をご紹介したいと思います。

とあるゴミ屋敷の住人

その日もいつものようにインターフォンを鳴らし「宅配便でーす」と言ってお客様の応答を待っていました。

するとお部屋の中から「はーい」という声が聞こえたので、そのまま玄関でお客様をお待ちしていたのです。

しばらくすると突然、何かが落っこちたような「ドーンッ!」という大きな音が部屋の中から聞こえてきました。

その後「バキッ!」という何かを踏みつぶしたような音が聞こえて、すぐに「グシャッ!」という何かを無理やり圧縮したような音が聞こえました。

「バキッ」「グシャッ」「バキッ」「グシャッ」がしばらく続いたのち、やっと「玄関」のドアが開きます。

玄関が開いてまず最初に目に飛び込んできたのは、脱ぎ散らかした靴の上に散らばる「不在連絡票」の山でした。

あきらかに連絡をしていないであろう「不在連絡票」が、数えきれないほどたくさん玄関先に落ちていたのです。

その時点ですぐに「あぁ…こりゃヤバい系かも」とは思ったものの、荷物を捨てて逃げ出すわけにもいきません。

まずはお名前の確認です。

お名前に間違いがないことを確認し、配達票にサインをお願いしました。

そしてお客様がサインをしている間に再び足元に目をやると、ペットボトルやゴミ袋やらがグチャグチャに転がっていることがわかりました。

もちろん床面は一切見えず、まさに足の踏み場もないような状態です。

そのまま視線を部屋の中に向けてみると、このゴミ山が部屋の中までびっしり続いていることがわかりました。

先ほどの「バキッ」とか「グシャッ」とかいう音は、お客様がゴミ山を踏みつぶして歩いてくる音だったのです。

そう考えると最初に聞こえた「ドーン」という音は、お客様がベッドから落っこちたときの音でしょうか…。

サインをいただくまでの数秒間でこの状況を把握した僕は、サインをもらってダッシュでその場を去りました。

それはまさにテレビでみるような「ゴミ屋敷」そのものだったのです。

【宅配業者の本音】やっぱり気になる玄関のにおい!現役ドライバーからの質問、あなたの家は大丈夫?

ゴミ屋敷は実在する!

こういった「汚部屋」はテレビの中だけではなく、実際に自分の目で見ないと信じられないかもしれません。

僕もこのお客様に遭遇するまでは、テレビの話だろうと半信半疑でした。

ただ実際の汚部屋はもう「散らかってる」とかいうレベルではありません。

家の中でペットボトルやゴミ袋がそれはもう幾十にも積み重なり、不用品の「地層」を作りあげているのです。

文字通り「ゴミ屋敷」なわけです。

そしてこの仕事をしていると、かなり高確率でゴミ屋敷に遭遇します。(もちろん地域差はあると思いますが)

しかも我々の仕事というのは、そのお客様のところへ一度お伺いして終わりというわけではありません。

そういうお客様はけっこうな頻度でネットショッピングをしたり、実家から荷物が送られてきたりするのです。

だからもしお客様がそういうお客様だとわかっても、我々は何度も何度もそのお宅に伺わなければなりません。

それにしても、なぜこのようなお客様が急激に増えたのでしょうか?

続いてはゴミ屋敷の住人の特徴です。

【宅配業者の嘆き】クレームは永久に不滅です!現役ドライバー完敗、クレーマーに一本とられた話!

ゴミ屋敷の住人の特徴

ほとんどが一人暮らし

全体的に若い人が多い

男女比率は五分五分

趣味がマニアック

部屋の中がジメジメしている

なぜか宅配業者に対して用心深い

ほとんどが一人暮らし

まずはやはり一人暮らしが多いです。

やはり意識する「同居人」がいないということが、大きな要因のひとつとなっているのかもしれません。

全体的に若い人が多い

そしてこれもまた圧倒的に、年齢の若い人たちが多いなあという印象です。

いまのところパッと頭に思い浮かぶお客様は、やっぱりみなさん若いです。

男女比率は五分五分

男女比率に関しては五分五分か、もしくは女性の方が多いぐらいかもしれません。(個人的にはそう思います)

外ではキレイな格好をして見た目も佇まいもキレイな女性が、実はゴミ屋敷の住人なんてことはザラです。

若くてきれいな女性だからと言って、淡い期待を抱くのはやめましょう。

趣味がマニアック

趣味がマニアックな人も多いです。

いやでも目に入ってくる荷物の中には「パッと見ただけでは何のことだかわからない」ものがたくさんあります。

部屋の中がジメジメしている

またゴミ屋敷の住人は、かなりの頻度でネットショッピングを利用します。

そうすると必然的に外出することも少なくなり、お部屋の中の空気はつねに「ジメジメ」しているわけです。

換気なんてほぼしていないでしょう。

なぜか宅配業者に対して用心深い

これは特に若い女性に多いのですが、荷物の配達時にドアをほんの数センチしか開けてくれない人が多いです。

まあ防犯上というのもわかるのですが、あんな狭いスキマから荷物を確認したり受け取るのは至難のワザです。

できるだけ部屋の中を見せたくないのかもしれませんが、お客様のお部屋に興味はないのでご安心ください。

まとめ

というわけでまとめです。

「この世にゴミ屋敷は実在します!」

ゴミ屋敷というかゴミ部屋ですね。

そしてその住人はまず見抜けません!

現代は隣人との関わりあいはほぼありませんし、たまに顔を合わせても軽くあいさつをするぐらいかと思います。

もしその住人が小綺麗な格好をしていたり妙に愛想が良かったりしたら、これはもう絶対にわかりませんよね。

もしかしたらあなたの隣人も、もしかしたらあなた自身も、もしかしたらゴミ屋敷の住人なのかもしれません…。

 

それでは今回はこのへんで。

最後までお読みくださり、ありがとうございました!

【宅配業者のご案内】宅配と引越の微妙な関係性!現役ドライバーからの助言、住所変更は忘れずに!