【宅配お悩み相談室】雨の日の配達はどうなるの?現役ドライバーの解答、基本的にはいつも通りです!

2021年1月23日宅配,宅配お悩み相談室

雨の日の配達事情!

今や宅配便は「我々の生活を支えるライフラインのひとつである」と言ってもけして過言ではないでしょう。

いかなる天変地異が起きようとも、荷物が届かない日はほぼありません。

毎日毎日この日本のどこかで、誰かが宅配便を利用しているわけですね。

だからこそ、我々宅配ドライバーに「盆暮れ正月の休み」はありません。

それこそ1年365日、年中無休で荷物を配達しているというわけです。

【宅配お悩み相談室】土日祝日はお休みですか?年中無休の宅配サービスと現役ドライバーのお休み事情について!

記憶に新しいところでは「東関東大震災」や「未曽有の大型台風」の時でさえ、我々は集配をしていました。

最近では「コロナウイルスによる緊急事態宣言」下においても、我々の業務が止まることはありませんでした。

それだけ毎日毎日「宅配業務」をやっていても、やはり「できれば仕事をしたくない日」というのはあります。

それはズバリ「雨の日」です。

今回は「雨の日の宅配便」について、ドライバー目線でご紹介します。

【宅配お悩み相談室】遅延が発生するのは何故ですか?現役ドライバーが語る、回避できない3つの理由!

雨の日の荷扱いは?

先ほども述べたように、宅配便は1年365日、ほぼ「年中無休」です。

たとえ雨が降ろうと槍が降ろうと、基本的に集配業務が止まることはありません(最近は例外もありました)。

もちろん雨や雪による「遅延」が発生することはありますが、悪天候で業務停止することはほぼありません。

だから少しぐらいの雨であれば、何事もなく通常通りの業務となります。

少しぐらいの雨であれば「荷物」を特別扱いすることなどありません。

普段の荷扱いとまったく同じです。

お客様の中には「雨の日は荷物ごとに雨避けカバーをかけてくれている」とか「荷物が濡れないように、雨の日は自転車での稼働はしない」なんて思っている方がいるのかもしれませんが、実際にはそんなことはありません。

何故なら「雨が降ろうと槍が降ろうと、その日に到着する荷物量はいつもと大して変わらないから」です。

いつもと同じ量の荷物を配達しなければならないのに、雨だからと言って特別な荷扱いをする余裕はないのです。

基本的にはギリギリの人数で回すので、つねに時間に追われています。

だからよっぽどの「豪雨」でもない限り、荷扱いはいつもと同じです(もちろん荷物によっては対応します)。

くれぐれもご了承ください。

【宅配雑学】宅配現場の頻出トラブルをご紹介!事件は会議室で起きているんじゃない、現場で起きているんだ!

じゃあ豪雨だったらどうするの?

もちろん豪雨となれば話は別です。

我々宅配ドライバーはお客様の荷物が極力濡れないように、それぞれが独自に何かしらの対策をしています。

トラックから荷物を出すたびにビニールをかけて集配を続ける者もいれば、いったんあきらめて「雨が止むまでは作業をしない」という者もいます。

そのやり方は営業所により様々です。

なぜなら会社から「雨の日はこうしなさい」というようなマニュアルを与えられているわけではないからです。

とはいえこれは仕方がありません。

エリア特性があるからですね。

ただ先ほども述べたように、たとえ「豪雨」の日であろうと到着する「荷物量」が変わることはありません。

そうなるとやはり「遅延」です。

豪雨の日は荷物が濡れる可能性が高いだけでなく、荷物が遅延する可能性も高いということはご理解ください。

【宅配業者の懇願】勘弁してください!現役ドライバーの涙、指定日時の変更の変更&配達日時の前倒し!

とはいえ天変地異だから…

もちろんお客様としては荷物を濡らしてほしくないでしょうし、我々もお客様の荷物を濡らしたくはありません。

ただ天変地異に関しては、こればっかりはもう「お手上げ状態」です。

だって我々「人間」のコントロールできることではありませんから。

だから我々としては、雨が降れば雨の中で作業するしかないし、雪が降れば雪の中で作業するしかないのです。

荷物が濡れて得をする者はいません。

ワザと荷物を濡らす者もいません。

これだけはどうかご理解ください。

ちなみに「遅延」に関してあまり知られていない「マメ知識」をひとつ。

お客様に無料で提供している「日時指定」や「時間帯指定」サービスは、あくまでも「お届け希望日」と「お届け希望時間帯」であり「指定日」や「指定時間」というではありません。

厳密に言うと仮にその「”ご希望”日時」に荷物の到着が間に合わなかったとしても、その責任を問うことはできないというわけです。(そうは言ってもほぼ納得していただけませんが…)

ましてや天変地異が絡んでくるとなれば、なおさら保証なんてできません。

もしお手元に宅配業者の発行している「伝票」があるのであれば、今一度スミからスミまでよくご覧ください。

「お届け”希望”日」や「お届け”希望”時間帯」の文字以外にも「交通事情等により…」と書いてあるはずです。

よろしくお願いいたします。

https://twitter.com/hiroyzero/status/1344288137141317633?s=21

まとめ

というわけでまとめです。

現時点では人工的に雨を降らせたり止めたりすることはできません。

さらに人工的に荷物量をコントロールするということもできません。

だから現時点で我々にできることは「雨が降ろうが雪が降ろうが配達に伺います」ということだけです。

とは言え「無事に届くのかどうか?」まではさすがに断言できません。

それは「明日は雨が降りますか?」と聞かれても、現時点ではけして断言できないのと同じことですから。

 

それでは今回はこのへんで。

最後までお読みくださり、ありがとうございました!

【宅配お悩み相談室】何度も何度も不在票を入れに来るのは何故ですか?お客様が連絡をくれないからです!