【宅配雑学】すっぴんでも安全に荷物を受け取る方法!現役ドライバーのススメ、ドア越しに置き配を指定しよう!

2020年9月21日宅配,宅配雑学

なんで「すっぴん」の時に限って…

名前も顔も知らない「第三者」が自宅を訪ねてくるというのは、日常生活においてそれほど多くはありません。

当然ながら、自宅では誰もがそれぞれの方法でリラックスをしています。

もちろん誰に見られるわけでもないので、スッピンだったりパジャマだったりジャージだったりするでしょう。

最近ではメールやLINEで”事前”にお知らせがいくようになりましたが、利用者はまだそこまで多くありません。

宅配便で自宅に荷物が届くということは、まだまだ日常生活における「不意打ち」であることが多いわけです。

仮にいくらその日に荷物が来るとわかっていたとしても、朝からずっと待っているわけにもいきませんよね?

家事をしたり趣味に没頭したり、プライベートな時間を過ごしている時に限って「宅配便」はやってきます。

「なんでこんなタイミングで…」

今回はそんな声が上がりやすい状況を踏まえながら、それでも安全に荷物を受け取れる方法をご紹介します。

まずは宅配便がやってきたら気まずい状況をいくつか挙げてみましょう。

居留守は絶対にNG!

すっぴん&ノーブラのとき

パンツ一丁でいるとき

誰かと楽しく電話をしているとき

めずらしく凝った料理をしているとき

トイレで長きに渡る格闘をしているとき

すっぴん&ノーブラのとき

特に女性で多いのが「すっぴん&ノーブラ」で油断している時ですね。

これは実際に目視したわけではありませんが、長いことこの仕事をしているとなんとなくわかったりするのです。

もちろんお客様に確認を取ったわけではありませんが、仕草や対応から考えるとその確率は非常に高いです。

以前「CM」でもありましたよね。

「クロネコヤマトの宅急便が来たけど、スッピンだから居留守しよう…」

この問題については、さすがに声を大にして言わせていただきます。

「居留守は使わないでください!」

そもそもの話ではありますが、お客様をジロジロ見たりはしません。

最近ではコロナや個人情報の問題もありますし、お客様との対面時はできるだけ目を伏せるようにしております。

それでもどうしても出たくないという場合は、ドア越しで構いませんので「置き配」をご指定ください。

今は業者とわざわざ対面しなくても、荷物の受け取りは可能なのです。

スッピンを見られたくないという気持ちはわかりますが「居留守を使う」のだけはどうかご勘弁ください。

【宅配雑学】非対面配達のメリットとデメリット!現役ドライバーが語る、コロナ対策はこれでOK!

パンツ一丁でいるとき

僕の担当エリアには、どういうわけだか海外からのお客様が多いです。

ひと昔前と比べてみると、日本に住む外国人は本当に増えましたよね。

これは「外国人あるある」なのかもしれませんが、アチラの男性は夏でも冬でもパンツ一丁という方が多いです。

配達に伺うとパンツ一丁で出てくるか、もしくはバスローブだけ羽織って出てくることが本当に多いです。

もちろんアチラの男性はナニがどうなっていようと気にも留めてません。

これがもし日本人であれば、慌ててズボンを履いてくるんですけどね。

楽しく電話をしているとき

友人や家族と楽しく電話をしている時に限って宅配便がやってくるというのも、けして少なくはないようです。

いろいろなお客様がいましたが、ずっと電話をしながら荷物を受け取る器用なお客様もいらっしゃいました。

ただ僕はそのたびに思うのです。

相手に言って一回電話を切るか、相手にお願いして少しだけ待ってもらえば良いのではないでしょうか?

電話をしながら荷物を受け取るというのは簡単そうにみえますが、ああみえて実はけっこう難しいのです。

実際のところ目の前で荷物を落としてしまったり、スマホを落としてしまうお客様もたくさんいらっしゃいます。

もしかすると喋り続けていないと死んでしまう病気かなにかでしょうか?

まあお客様がそういう病気であれば仕方ありませんが、ほんの少し電話を置く方がどう考えても早いです。

凝った料理をしているとき

あとは料理中にやってくる宅配便っていうのもなかなか困りますよね。

特に気合を入れて両手でこねくり回す系の料理とかを作っている時。

そんな時にインターホンが鳴っても、文字通り手が離せません。

疑う余地もなく完全に両手がふさがっている状況ですからね。

いったん料理をやめて石鹸で手を洗ってタオルで拭いて返事をしてなんてやっていたら絶対に間に合いません。

トイレで孤軍糞闘しているとき

そして最後は経験したことがある人も多いはずの「トイレタイム」です。

待ちに待ったビッグウェーブがやってきたというのに、そのチャンスをみすみす逃すわけにはいきませんよね。

まさか戦いの真っ最中にいきなり立ち上がるわけにもいきませんし。

お客様の中にはなかなかの強者がいて「今トイレだから5秒だけ待って」なんて叫ばれる方もいらっしゃいます。

さすがにそんな時は少しぐらいはお待ちしますのでご安心ください。

【宅配雑学】家にいたのに不在票が入ってる理由!現役ドライバーが語る、我々にメリットはありません!

そんな時はどうすればいいの?

ではそんな状況に陥ってしまった場合どうすればよいのでしょうか?

結論から言うと、先ほども述べたように「置き配」を指定するのが一番安全でより確実な方法かと思います。

そのやり方はいたって簡単で、インターホンもしくは玄関ドア越しに「今手が離せないのでそこに荷物を置いておいてください」というだけです。

これなら誰にでもできますよね?

たまに「手が離せないから10分後にもう1回来て」なんていうお客様がいますが、それには対応できません。

我々はいつも時間に追われています。

ほぼ決められた「ルート」で配送をしているため、いちど通った道を何度も行ったり来たりはできないのです。

くれぐれもドライバーに電話をしてきて「ちょっとトイレに入っていただけなんだから今すぐ荷物を持ってこいよ!」なんていうクレームまがいのことは言わないようにしてください。

何卒よろしくお願いいたします。

【宅配お悩み相談室】ドライバーへの電話と自動受付どっちがいいの?もちろん自動受付でお願いします!

まとめ

というわけでまとめです。

最近はコロナの影響もあり、業者といっさい顔を合わせることなく荷物が受け取れるようになりました。

いろいろと話題の「置き配」です。

誰とも顔を合わせたくないお客様はぜひ「置き配」をご利用ください!

ただ玄関のドア越しに「そこに置いてください」というだけですから。

それでは今回はこのへんで。

最後までお読みくださり、ありがとうございました!

【宅配雑学】置き配のメリットとデメリット!現役ドライバーが語る、現代人には置き配がオススメ!