【宅配お悩み相談室】オートロックでも置き配は可能ですか?現役ドライバーの解答、お客様が在宅であれば可能です!

2021年4月7日宅配,宅配お悩み相談室

オートロック無断突破は犯罪です!

当サイトでも何度か取り上げておりますが、今や「置き配」は多くの人に利用されるサービスとなりました。

ひと昔前まではお客様の荷物を玄関前に置いてくるなんて、我々ドライバーには到底考えられないことでした。

いくらお客様から「置き配」をお願いされたとしても「会社のルールで置き配は禁止されておりますので…」といってはお断りしていたのです。

それが今ではどうでしょう。

置き配をしてこないと逆にクレームをもらってしまうような時代です。

ここまで置き配が広がった背景には、やはり「コロナ」が影響しています。

とはいえコロナが終息したとしても、この流れはもう止まらないでしょう。

それほど置き配は便利なのです。

今回はそんな置き配サービスの中でも、少し特殊な方法のご紹介です。

それが「オートロック付きのマンションで置き配を利用する方法」です。

結論から言ってしまうと「ある条件」さえクリアできれば、オートロック付きのマンションでも置き配サービスを利用することは充分に可能です。

ではもう少し詳しく見てみましょう。

【宅配雑学】置き配のメリットとデメリット!現役ドライバーが語る、忙しい現代人には「置き配」がおすすめ!

どうやってマンションの中に入るの?

置き配サービスを利用するためには、お客様自身で「荷物の置き場所」を指定していただく必要があります。

一般的な場所はやはり「玄関ドア前」ではありますが、ほかにも「自転車のカゴの中」や「物置の中」または「ガスメーターの中」などがあります。

今回ご紹介させていただく「置き配場所」はズバリ「玄関ドア前」です。

「玄関ドア前で何が困るの?」なんて思う方もいらっしゃるとは思うのですが、もしこの指定をしたお客様の住まいが「オートロック付きのマンション」だったらどうでしょうか?

オートロック付きのマンションというのは、マンションのエントランスでお客様に開錠していただかなければ建物内に入れないマンションのことです。

基本的にはその「マンションの住人」でもない限り、自分の意志でその建物の中に入ることはできません。

もちろん我々宅配業者がそのマンションの鍵をもっているはずもないので、建物内に入るためには住人の方に開錠していただくしかないわけです。

ではこのような状況で、我々宅配業者はどのように「オートロック付きのマンションの玄関ドア前」に指定された荷物を置き配するのでしょうか?

【宅配雑学】非対面配達のメリットとデメリット!現役ドライバーが語る、コロナ対策には置き配がおすすめ!

オートロック付きマンションでの正しい置き配方法

実はある日この件について「ツイート」をしたところ、同業の方より「正しい方法」を教えていただきました。

僕の中でオートロックのマンションに住んでいるのに玄関ドア前に置き配を指定するお客様は「我々ドライバーがマンションの鍵を持っていると勘違いしている人」だと思っていました。

でも実際にはそうではなく、お客様はすべてを理解した上で「玄関ドア前に置き配」を指定していたのです。

さっそく結論にまいりましょう。

そういったお客様の真の狙いは…

「配達時にもし在宅していればオートロックを開錠するので、そのまま玄関前に置き配してほしい」でした!

ご理解いただけますでしょうか?

普段は普通の荷物とまったく同じように取り扱いをすればよいわけです。

で、配達に伺った際にもしお客様が在宅していたら、オートロックを開錠してもらってお部屋の前に行き、玄関ドア前に置き配をするということです。

これは完全に目からウロ子でした。

これはまったくの予想ガイでした。

というか今まで会社からもそのような指導はなかったですし、いまだにそこらへんをよくわかっていないドライバーもいるのではないかと思います。

言われてみれば納得なんですよね。

置き配の先駆者はAmazonさんなので、Amazonの配送員の方にも同様の質問をしてみたところ、やはりこのやり方が正解とのことでした。

自分の思い込みで勝手にお客様を責めていた自分が恥ずかしくなりました。

もしこれを読んでいるドライバーさんのなかに僕みたいな勘違いをいまだにしている方がいたら、ぜひ明日から気をつけるようにしてください。

まとめ

というわけでまとめです。

今回の件は今後の業務への取り組みについて考える良い機会となりました。

歳を重ねるほどについ頭が固くなりがちですが、もっと柔らかい思考で吸収していかないといけませんね。

本当に良い勉強になりました。

では最後にもう一度まとめです。

オートロック付きのマンションで置き配を利用するためには、お客様が在宅している必要があります!

それでは今回はこのへんで。

最後までお読みくださり、ありがとうございました

【宅配業者の本音】老害はもうええやろがい!現役ドライバーが語る、宅配業界に今も根強く残る悪しき文化とは?